スペイン発、

ヨーロッパでも認められた​

1歳からの英語教育。

Kids&Usは、日本と同様に英語を「第二言語」とする
ヨーロッパの国々で認められた英語教室。

世界487校で15万人以上の子どもたちが学んでいます。

幼少期ならではの学習能力を活かしたプログラムで
自然に楽しく、より高いレベルの英語力が習得できます。

レッスンの様子

各コースのレッスン動画

日本の英語教育で不足しがちな、コミュニケーション(アウトプット)にフォーカス

幼少期ならではの能力を活かし、ネイティブの発音を育み、英語に対するメンタルバリアーを最初から取り除きます。

日本の教育も大切にしてほしいと考えています

日本人としてのアイデンティティ(言葉・礼節・文化)は、日本が世界に誇れる強みです。日本の学校で日本の教育を受けながら、第二言語として高い英語力を身につけることができるスクールです。

学習成果のフォローアップ

楽しく英語を学ぶことを前提に、Kids&Usでは学習成果にコミットしています。定期的なスピーキングテストで進捗を測ることをはじめ、学習成果のレポートや、保護者面談を行っています。

​お問い合わせ

スクール見学・体験レッスンにいらっしゃいませんか?詳しくは、各スクールまでお問い合わせください。

12カ月からはじめて半年が経過しますが、家で聴くオーディオに楽しく反応し、レッスンでの反応も良くなってきました。~pleaseと言うのがマイブームです。

K.Kくん 1歳 from Mousyコース

4歳まで海外で生活していましたが、帰国後は日本の幼稚園で日本語中心の生活です。それでも英語を忘れずに、年齢に合わせた英語を楽しく学べています。

R.K.くん 6歳 from Marciaコース

3歳からで英語ははじめてでしたが、外国人の先生にも抵抗なくレッスンに参加できています。発音がきれいな点は、幼少期ならではのメリットだと感じます。

A.Iちゃん 3歳 from Samコース

よくあるご質問

親は英語ができなくても大丈夫なのでしょうか?


大丈夫です。Kids&Usに入会される過半数以上が、親子さんご自身は英語が得意ではない方が多いです。自宅でのオーディオ学習も、一日約10分と無理のない範囲のものなので、大きな負担なく、楽しくフォローして頂けると思います。

中には、親御さんご自身が英語が堪能という方もいます。それはもちろん、家庭でのフォローがしやすいという観点で恵まれているとは思いますが、それ以上に親子さんが子どもの学習に興味を持ち、一緒に成長を楽しむという姿勢(モチベート)の方が大事だと考えています。

Kids&Usに通う生徒たちの中でも、高い学習効果を出している子どもは、親子で楽しく取り組んでくれているご家庭が多いです。




英語は何歳からはじめるといいのでしょうか?


Kids&Usでは1歳から7歳まで入会を受け付けていますが、言語の習得は生まれた瞬間からはじまるため、earlier the better(早ければ早いほど良い)と考えています。低年齢からはじめる明確なメリットは、「ネイティブの発音」や「最初から英語が好きになれる環境作り」などです。本人が興味を持つまで待ちたいというご意見も良く聞きますが、日本で生活していると、英語に興味を持つこと自体、難しいという問題もあります。最も学習効率の良い期間(言語習得の臨界期)に、コミュニケーションのベースを作ることが肝心だと考えています。




日本語が確立する前に、英語をはじめても大丈夫なのでしょうか?


幼少期の子どもには、複数の言語を習得できる能力が備わっており、問題ないと考えています。また、Kids&Usは第二言語としての英語であり、母語のインプット量を超えることはありません。日本語を基軸言語とした上で、第二言語として英語を高いレベルで習得したい方のためのスクールです。




週に1回のレッスンで足りるのでしょうか?


はい。もちろん、週に一回教室に通っているだけでは学習効果は期待できません。Kids&Usでは、ご自宅での日常的なインプットを行う前提(専用のアプリで配信する、オーディオ教材にご家庭で取り組んで頂きます)で、レッスンが進行します。レッスンと家庭を上手く連動させることにより、高い学習効果を実現しています。また、語学の習得は長きに渡ります。子どもの年齢に合わせて継続的にレベルを上げていくため、週に1回のレッスンは適切な量だと考えています。(※9歳以降のコースからは本格的に読み書きがはじまり、レッスン時間が週に2時間に増えます)




読み書きの学習はいつからスタートするのでしょうか?


Kids&Usでは、最短で8歳のコースから読み書きの学習がはじまります。日本語でも同じですが、本来人間は「コミュニケーション」の延長に、読み書きを覚えます。(日本語の読み書きに取り組みはじめる時点で、子どもは日本語を「聞いて」「話す」ことができます)英語も同じプロセスで学んだ方が、その後の学習効率が良いと考えています。また日本においては特別に、Oliverコースの次のレベルのコースからフォニックスを導入(Jolly Phonicsを採用)し、読み書き開始に備えた適切な対策も行っています。




試験対策は行っているのですか?


はい。欧州においても、身につけた高い英語力をアカデミックな分野(大学入試など)に活かしたいという保護者は多く、ケンブリッジ英検やTOEFLの対策は行っています。ただしこれは、本当に高い英語力を身につけてからの話です。日本においては、現在色々な試験業者がシェアを争っているため、何を選べば良いのか悩まれる方が多いですが、国際的に広く浸透している (= 英語の総合力を測れる)世界基準の試験をおすすめします。TOEFLや、ケンブリッジ英検などがこれに該当します。(TOEFL primary / Juniorや、ケンブリッジ英検の子ども用なども)日本においても、生徒たちが一定のレベルに達し次第、試験対策コースなども設ける予定です。




Kids&Usを端的に説明すると?


日本に住みながら、インタナショナルスクールに通わずに、ネイティブに近い英語力を習得するための英語教室です。そのためには低年齢からはじめることと、親御さんの力を借りながら日常的に英語に触れる環境作りが不可欠です。





© 2023 by Kids&Us Japan

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon